脱毛サロン前日の注意事項

自分で脱毛をする場合とお店で脱毛をする場合、仕上がりだけでなく、その後の肌の状態を考えるとお店で行ってもらった方が良いように思います。

しかし脱毛サロンに脱毛に行く場合、いつ行っても良いというわけではありません。 お店で行われる脱毛は、肌に対する刺激が強くはないとはいえ、それは自己処理と比べた場合です。肌へのダメージはゼロではありません。また、肌や体の調子によっては施術できないこともあるのです。 それはどういう場合でしょう。

ひとつは日焼けした肌では施術できないということです。 光脱毛は黒色に反応します。つまり日焼けした肌では、毛根だけでなく肌にも光が当たることになるのです。 時期的にも夏の最中ではなく、秋や冬から脱毛を始めると良いことがわかります。

また生理前後の施術もできれば控えましょう。 その時期は肌が敏感な時期であり、施術により肌荒れや体の調子を崩してしまう場合があるのです。 自分の体調を考慮して、予約を入れるようにしましょう。

施術を行う前日の過ごし方も大事です。 飲酒は翌日の体温を上げてしまいます。このことが肌トラブルを招いてしまいます。 前日の薬服用も、思わぬ副作用の引き金になります。 脱毛は肌に少なからずダメージを与えてしまいます。ですから飲酒や薬の副作用で、さらに肌に負担をかける行為はやめましょう。

実際、前日の飲酒で脱毛施術を中止した方がいます。 翌日の肌の調子が万全になるように、ちょっとだけお酒を我慢してみましょう。

最後に、脱毛の前日はカミソリなどで毛を剃っておく必要があります。 無駄毛が伸びていると、脱毛効果が薄れてしまいます。脱毛の前日までに、脱毛する場所をしっかりと剃っておきましょう。 剃り残しがあっても施術できませんので、丁寧に行ってください。 お店でこのような説明を受けるかと思います。

注意事項は、肌のトラブルを防ぐために必要なものです。ご自分の肌をきれいに保つためにも軽く考えず、しっかりと守るようにしましょう。